専門用語

介護と介助ってどう違うの?

介護と介助はどう違う?

私は介護業界に入って、初めて「介助」という言葉を聞きました。

「え?”介助”っていうの?”介護”じゃないの?」と思いましたが、、、話す人や、状況によって「介護」と言ったり「介助」といったり、、、私は困ってしまいました。さて、この2つの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。

介護業界で働く中では下記のように考えると分かりやすいかと思います。

「介護」はその人を助けるための行動全般。
「介助」はそのための行動のひとつです。

「介護」という言葉の中に「介助」が含まれると考えても良いでしょう。

「介護」の定義は「老齢者や心身の障害者など日常生活を営む上で困難な状態にある個人を対象に、専門的な対人援助を基盤に身体的・精神的・社会的に健康な生活の確保と成長、発達を目指し、利用者が満足できる生活の自立をはかること」とされています。
(※1988年に発表 日本社会事業学校連盟・全国社会福祉協議会施設協議会連合会より)

つまり「介護」はとても大きい意味を持つ言葉なのです。
食事、排泄から始まり身の回りのお世話、ケアプラン、リハビリプラン、栄養計画の作成、本人や家族との相談などなど、、、様々な行動が含まれます。

対して「介助」の持つ意味は「付き添い」「介添え」「サポート」など、「手助けをする」という考え方です。
ケアプランに基づき、実際に利用者の食事や排泄、入浴などを助ける行動そのものを指します。