入社前に読みたい

初めての介護の仕事に行く前に、覚えておきたい専門用語一覧!レベル1!

早速ですが、「トランス」と言われて皆さんはそれがどんな意味かお分かりになりますか?

介護の仕事をやったことがある人は当然わかると思います。

英語が得意な方は、なんとな~く想像ができるかもしれません。

答えは「移乗」させることです。

厳密にいうと、正しい意味は施設ごとに違うかもしれません。ただ、どこの施設に行っても使う言葉であるのは間違いありません。いわゆる「業界用語」ですね。

この記事では、その「業界用語」をザッと乗せていきたいと思います。

今回はレベル1ということで、下の条件にあてはまる言葉を紹介したいと思います♪

★勤務中に1日に1回は必ず聞く言葉

★普段の我々の生活にあまりなじみのない言葉

トランス→車いすからベッド、ベッドから車いすなど、高齢者の移動をお手伝いすること

ギャッジアップ→電動ベッドの角度を上げること(主に頭を上げる)

サチュレーション→血液の中の酸素量(または酸素量を測ること)

臥床(がしょう)→ベッドに横になる事

胃ろう→胃袋にチューブをつないで液状の食べ物(栄養)を直接送り込むこと

バルーン→尿道に直接チューブを挿して、自動で尿を排泄させている状態

ストマ→人工肛門。直腸につないで直接便を排出する。

【補足】ストマとバルーンについて→厳密には人工の尿路もストマと言われますが、現場ではバルーン→人工尿路/ストマ→人工肛門として使うのが通例のようです。

褥瘡(じょくそう)→とこずれ。栄養不足、寝返りがうてないことによる圧迫、摩擦を主な原因として発症する。皮膚の赤みからはじまり、ただれ、骨が見えてしまうケースも。

エアマット→空気圧を利用して体を自動的に動かすマット。

いかがでしたでしょうか?ここに紹介したのは、私が初めて介護の現場で働き始めた時に「え?どういう意味?」と思った言葉です。

ただし、これらの言葉は「働く施設によって使い方が違う場合」は大いにありますので、「言葉の正しい意味は、働く場所での使い方によって変わる」と考えて頂くのがよいかと思います!