転職サイト

これからずっと介護業界で働いていく?他の業界へ転職する?その答えは・・・

転職か現状維持か

こんにちは。当サイト管理人:優(@kaigokarayoku)です。
私は、新卒でイベント関連の企業→システム系の中小企業→損保系コールセンター→マッサージ業→介護施設と、複数の未経験転職をしてきました。
どの転職も、その時の自分に合わせて必要な収入や時間を得ることができ、納得のいく転職でした。

また、働きながら専門学校に通い、資格を取って新たな職種に就くことも経験しています。現在は取得した資格を活用して、介護施設での専門職に就いています。

今回は、「転職することなく今の介護業界で働き続けることは安泰の道か?」ということについて書きました。

今の職場で今後10年働き続けることができますか?

あなたは、今働いてる職場で、10年後の自分をイメージできますか?定年になるまで介護業界で現場の介護士として働いていく予定でしょうか?

10年間のうちに、今の職場で仕事をして実績を重ね、昇進して、役職を得て、10年後になった時はどのようなイメージでしょうか?おそらく、今のあなたの職場にそのモデルとなる上司もいるでしょう。良くも悪くも、その上司の状態が、おそらく10年後のあなたです。

どうでしょうか?満足でしょうか?不満でしょうか?しかも、介護業界なので収入面は大きく上昇はしていないと思われます。

「転職をしたことがない」、「今後もしない」という人が手に入れられるメリットは「今務めている会社のベテラン社員という称号を手に入れることができる」という一点のみです。そのメリットが小さいとは言いませんが、その職場でしか通用しない、使い勝手の悪いメリットです。10年後に現在の職場で「ベテラン社員」と呼ばれることに大きなメリットを感じることができますか?そもそも、その職場が10年後も今と変わらない保証も全くありません。

むしろ、今の時代は「1つの業界でしか働いたことがない」、「転職したことがない」ということは、大きなリスクでもあります。

他業種を経験して知識やスキルを身に着けましょう。

あなたが今後一生、介護の仕事のみに全力を注ぎ、勤務先も変えない!と誓い、「自分は一生介護職としてこの職場で生きていく!」という覚悟があれば、今は転職に目を向けなくても良いでしょう。

しかし、一生介護職を続けるか分からない、同じ施設で働き続けるかわからない場合、他の業種に少しでも目を向けることは必須です。他の業種を経験すれば、その業種ごとの知識が身に付きますし、介護職では得ることができない経験をすることができます。その経験は、いずれ介護職に戻ることになっても必ず有効に活用できる知識になります。

更に言うと、「自分は一生介護職で生きていく!」という人でも、別業種は経験するべきです。PCスキルや電話対応スキル、折衝スキルや会議、ITスキルなど、介護職をしているだけでは身につかない経験やスキルは、他業種にいくと仕事をしながら学べる環境が用意されていたりもします。

一般の企業では常識的で、しかも色々な業務に応用できるような仕事が、「介護職にはそんな知識や経験は必要ないでしょ?」といって、触れる機会を用意されていません。そのようなスキルは、必ず身に着けておくべきです。

介護の知識は正解がなく、レベルアップに限界がある

介護の実務知識は、ある程度勉強をすると、あとは職場環境や個人レベルで正解/不正解の話になりがちです。食事介助のやり方、ベッドから車いすへの移乗の方法、着替えのやり方、排泄介助のやり方、、、様々な業務があります。

「このやり方が一番早い、一番安全。だからこのやり方が正解」といった話は通用せず、入居者の身体状況や、職場やグループ、チームによって正解は変わってきます。

「理学療法士に習った正しい移乗のやり方が、リーダーの一声で禁止になった」なんてことはよくある話でしょう。

介護の現場で頑張っても頑張っても、得られる成果は「10分かけて行っていた業務が9分でできるようになった」程度のスキルです。

そして、介護業務の知識の大半は「教えればすぐにできる」ものが多く、未経験者と経験者の差がすぐに埋まってしまいます。こうなってしまうと、経験者は自分の力を誇示するために、未経験者に「やり方が違う」「その方法は間違っている」などの指摘をして、職場の雰囲気が悪くなる、、、ということもよくあります。

10年後に異業種に未経験で転職するのは今やるよりも難しい。

あなたが仮に、介護経験3年の25歳だとします。「今は職場に大きな問題もないけど、少し異業種にも興味があるから転職活動をしてみよう。」となった時、あなたの肩書は「介護経験3年の25歳(異業種未経験)」です。若ければ体力もあるし、基本的な吸収力もあると見られます。

しかし、だいたいの働いてる人は「今は職場に大きな問題もないし、特に転職する理由はない。」という現状維持の考えの方が多数を占めているでしょう。人が転職を考えるきっかけというのはそれほど多くありませんから。

そのまま安定して10年経過したあと、「やはり別の業界に転職したい!」と思った時のあなたは、別業界の人から見ると「介護経験13年の35歳(異業種未経験)」です。それがダメとは言いません。「こんなに長く勤めているなら真面目そう」や「介護をやっているから心優しそう」といった人物像で見られるというメリットがあるでしょう。しかし、それは経験3年でも同じ程度の印象を与えます。

では、それらを踏まえた上で、あなたが企業の採用担当者だった場合、どちらを採用しますか?

(A)「介護経験3年の25歳(異業種未経験)」

(B)「介護経験13年の35歳(異業種未経験)」

どのような採用活動でも、第一段階は大抵は書類選考です。書類選考で有利なのは(A)でしょう。面接になれば、(A)(B)どちらが採用されるかは人物次第になりますが、それでも(A)が採用される可能性は高いでしょう。それほど「若い」ということは武器になります。

そして、この傾向は10年後も同じです。

(B)「介護経験13年の35歳(異業種未経験)」

(C)「介護経験23年の45歳(異業種未経験)」

どちらが有利かというと、やはり40代よりも30代の若さの方が有利です。

ここで言いたいのは、決して「30代、40代は転職は不可能」ということではありません。30代だろうが40代だろうが転職は可能です。私も30代で転職しました。
ここで伝えたいことは、「年齢が若ければ若いほど転職には有利なことは間違いない」という事実です。似ているようで全く違います。

他業種への転職を一度だけでも検討してみてください。

介護職で培った経験も必ず他の業界で役に立ちます。それを実体験するのと、していないのでは大きな差がある。例えば、認知症の方への傾聴対応やご家族への慎重な対応等を応用すれば、別の業界でもとても丁寧な接客や商談ができます。

そして、他の職業で培った経験は、別の職種でも必ず役に立ちます。将来的に介護職に戻ってきたとしても、他の業界で得た経験が無駄になることはほぼありえないです。

私の場合、地味なスキルですが、別業種で得た電話対応のスキルや、ITスキルや契約書を読み込み咀嚼する力、それを人に伝える力などは介護業界に入ってからも重宝しています。

今の環境が変わらず安定し続ける補償はありません。

仮に、今仕事をしている社会人たち全員に【今あなたは転職を考えていますか?】アンケートを取っても、「今すぐの転職は考えていない」という人が大多数でしょう。

人が「転職したい」と本格的に考え始めるきっかけはそう多くはないです。

環境は必ず変わります。

今の状態が永遠に続くということはあり得ません。「まさか」ということが起こることもあります。

有名どころでいうと、あの航空会社のJALでさえ過去に一度倒産しています。ドコモやauやソフトバンクのような大企業ですら倒産する可能性はゼロではありません。

中小企業規模の法人であればなおさらです。

もっと身近な環境の変化であればいくらでも可能性があります。

仲良し同僚の退職、嫌な上司の着任、部署移動、自身の家庭環境変化

身近な環境の変化とは、例えば、、、

・心の支えだった仲の良い同期が転職していなくなってしまった。

・気の合わない上司が着任してきた。

・パワハラやセクハラのターゲットになってしまった。

・直属のリーダーや主任が変わり、方針が合わなくなった。

・結婚することになり、住まいを引っ越すことで通勤時間が爆増した。

・出産や育児によって正社員として働くことが難しくなってしまった。

などなど、、、

このように、「会社が破産してしまった」という規模ではなくても、小さな環境変化は起こります。

むしろ身近で小さな環境変化の方が、あなたに与える影響は大きいでしょう。

職場が変わっていった実例

私が以前に勤めていた会社も、とても楽しく、給料も良く、とても満足していました。

その会社には7年勤めていましたが、じわりじわりと変化していきました。小さなルールの変化や、部署の分断。気の合わない上司の着任、、、最終的には自分が満足していた過去の職場は見る影もなくなり、転職をするに至りました。

私が退職をした後、同じ時期に入社していた社員達も数人が辞めていきました。

「今の職場は最高だ!」と思っていても、必ず変わる。過去よりも更に良い方向に変わることもあるかもしれません。
しかし、万一、私の職場ように自分とは合わない方向に変わっていってしまった場合、あなたはどうしますか?

①もうこの会社にいるのは嫌だ!と、慌てて退職をして定期収入がなくなり

②早く収入を得ないと!と、慌てて転職をして、自分の満足できない職場で働き始める

このようなパターンに陥ってしまいませんか?

環境は必ず変わることを踏まえて準備をしておきましょう。

このように、環境は必ず変わるものです。

それなのに、「環境が変わらないように祈りながら頑張る」というのは無意味です。それであれば、いつどこに行っても大丈夫な心の準備をしておきましょう。

少なくとも「いつクビになっても次のイメージはあるから大丈夫」くらいの状態は作っておきましょう。

私も、今の職場は三年目で今のところ大きな不満はないですが、いつでも転職できるよう身構えています。そして、「別にいつ辞めてもいいし」くらいの考え方の方が、普段の仕事は本当に気楽に働けるようになります。

★今の会社はすぐに辞めたいけど、転職先はじっくり決めたい、という方には★

自転車配達をする女性
介護士にオススメの副業!【Uber Eats(ウーバーイーツ)編】こんにちは。当サイト管理人:優(@kaigokarayoku)です。 私は、新卒でイベント関連の企業→システム系の中小企業→損保系コー...

★一時的な副業がオススメです★

環境変化にいつでも対応できる準備をしておきましょう

突然の環境変化に対応できるようにするにはどうすればいいのか?

一番簡単な方法は、「とりあえず転職サイトに登録する。」ということが第一歩です。

登録すれば便利なことがたくさんある。

たくさんの求人情報に触れるのは、転職サイトが一番

求人サイトには多くの求人案件が掲載されています。

「え?自分が興味のあったこの業界、未経験でもいけるの?」と思うことや、

「自分の年齢じゃいまさら遅いかな、、、」と思っていた業界が、未経験でも募集していたり、

新たな発見が多々あります。

他の業界の給料の平均値や、転職市場で求められているスキルなどがわかる

私の場合、IT関係、その中でもプロバイダーと呼ばれる業種に興味がありました。

「プロバイダなんて、理系のいい大学を出て、新卒での募集しかないんだろうな、、、自分は文系だから今更無理だ」と思って、そもそも応募する考えすらなかったのですが、なんと未経験で募集をかけていたのです!

そこから転職活動を開始し、初めての転職は全く未経験の状態でとあるプロバイダーへの転職でした。

個の転職で、今まで自分が勝手に思い込んでいた他職種へのハードルが、綺麗になくなりました。

私のプロバイダーへの転職で例えると、、、、

自分の年齢ではもう遅い→遅くなかった

専門知識や専門の学部を出てないと採用されない→採用された

新卒じゃないと入れない業界なんだろうな→そんなことなかった

自分はただ「知らなかった」というだけでチャンスを逃しかけていたのです。

転職サイトに登録することで視野が広がります。

私の例のように、転職サイトに登録するだけで知らなかったことを知ることができた!という方はたくさんいるはずです。

あなたにとって興味がある仕事や、「たぶんダメだろう」と諦めてしまった仕事の、求人案件をご覧になったことはありますか?あなたが「たぶんダメだろう」と思っているだけで、本当はあなたのような人を求めている業界が山ほどあるかもしれません。

転職サイトに登録しよう

何はともあれ、まずは転職サイトに登録して、自分の気になる業界や仕事の求人案件を探してみることから始めましょう。

「今は特に気になる業界はない」という方でも、「どのような業界があるのか?」という感じで求人案件を見るだけでも、かなり視野が広がります。

突然の環境変化に備えて、少しだけ、未来の備えをしておきませんか?

いろいろな業界を見るには、転職業界最大手のリクルートが提供する、「リクナビNEXT」がやはりイチオシです。

未経験業界への転職ならリクナビNEXT 

基本的には転職サイトは複数登録しておくのが最も正しい手段ですが、複数のサイトに経歴の登録などを行うとそこそこ時間がかかるので、まずは一つのサイトに登録して、そこから更に他のサイトへ登録、、、という方法をオススメします。